最近の体重計は、体重だけでなく、BMIや体脂肪率、筋肉量や体水分量など、いろいろな指標が表示されるものが多くなってきました。BMIはbody mass indexの略で、日本語では体格指数といいます。肥満の判定基準として用いられているので、肥満度とも呼ばれます。計算式は、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で、18.5未満でやせ、25以上で肥満と判定されます。標準体重はBMI 22が使われますが、ピンポイントに合わせる必要はなく、BMI 18.5~25の範囲内であれば「標準」と考えていただいて構いません。できれば毎日、体重を計測していただき、体重が大きく増減しないことを確認することが重要です。肥満は生活習慣病の原因になりますし、意図しない体重減少は何かの病気が関係していることがあります。  体脂肪率については、正確に計測することが非常に難しい指標です。スーパーで購入したお肉の脂肪率って計測できますか?ミキサーにかけて、分離した油の量を計れば良いのですが、自分のからだをミキサーにかけるわけにはいきませんよね?一般に利用されている体組成計は、微弱な電流を流して体脂肪率を推定しているのですが、少なからず誤差があります。筋肉量や体水分量などの他の指標も同様に推定値です。体重とは違って、よく変動しますので、一喜一憂せずに参考程度に扱ってください。